システムトレードとは?

システムトレードとは、FXや株、商品相場に対してエッジ(優位性)があるトレードルールに従って行う投資行為である。一般的にトレードの判断材料として重視されるファンダメンタルズ(経済指標やニュース)などは全てテクニカル分析に織り込まれている物と仮定して取引を行う。 移動平均線や乖離率、ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を使い、過去の相場を分析し優位性があるトレードを機械的に繰り返す事で収益をあげる。

システムトレードをすすめる理由

入門書籍を読んで、トレードを初めてみたものの最初は儲かったのに、損切りが出来ずに投資資金の半分以上を溶かしてしまった方。損切りはしっかり行っていたのにズルズル負け続けて年間を通してプラスで終わったことがない方は多いのではないでしょうか? 投資で勝ち続ける為には、どの様なアプローチがあるのでしょうか?

生涯勝ちトレーダーとして人生を終えるには??のひとつの答えとしてシステムトレードをオススメしたいと思います。

きつね
エッジ?優位性?直感でトレードして勝ち越してる、僕からしたらめんどくさいとしか思えないな
ごり
直感で大丈夫、面倒くさい。損切りしたくない。そのな奴らが居るから、勝ち続けることが出来るんだ
きつね
・・・。

システムトレードのメリット

システムトレードのメリットは、過去の相場を分析することでトレードの期待値がわかることです。 一時的に含み損を抱えていたとしたとしても、トレードを繰り返すことで予想されるトレード結果に収束していきます。予め過去のデータから最大のドローダウン(最大の損)や期待値(一回のトレードでどれ位儲かるか)が予測が出来ます。その為、普段の生活でメンタル面での影響が少ないことが特徴のひとつです。

きつね
確かに、その月の収益がトータルでマイナスだと気持ちが落ち込むな

学生や主婦やサラリーマン投資家は本業にFXのトレードが影響することは避けたいですよね。 システムトレードのメリットはトレードルールに従ってトレード出来るから、社会人や学生さんにとってもオススメです。

ごり
変にドキドキしてトレードしたりしなくても良いんだ。

システムトレードって儲かるの?

有名投資家のBNFさんやcisさんのように、あなたが天才的な才能があるのであれば裁量トレードを行ったほうが幸せになれる可能性が高いです。しかし凡人、もしくは努力型と自分の事と思う人は、確実にシステムトレードの方が成果が出ます。

システムトレードの肝は儲かるルールを構築することにあります。その為には、多くの相場を分析する必要があります。ルールを構築するにあたって凡人に得られる最大の武器はデータの可視化です。天才的なトレーダーはいくつものモニターから先物、株価、為替、現物どこにお金が集まっているかを経験から 判断することが出来ます 

凡人の戦い方
凡人の私たちは、過去の相場を分析して市場の優位性を可視化するしかない。その過程で、優位性がある価格の癖が分かってくる。例えば、良くレンジになるよく見るレートなどだ。通貨の癖もある。それらをデータ化し頭に叩き込もう。忘れながら検証を続けたソレらは確実に天才との距離を縮める。彼らでも気付くことが出来ないようなエッジ(優位性)で相場と向き合うことが出来るようになる。それが凡人の勝ち組トレーダーへの近道なのです

システムトレードは初心者に難しい?

システムトレードはただの裁量トレード(その時、その時で判断しながら取引を行う)に比べると、学習の時間はかかってしまいます。しかし、貴方が思っている程、システムトレードは難しくはなくシンプルな方法が多いのです。

きつね
計算とか、プログラミングとかが分からないと出来ないんだろ?
ごり
いや、知らず知らずのうちにキツネも行ってることの積み重ねがシステムトレードなんだ。

このHPでは、なるべく、数学的な考えや難しいことを行わないで取り込めるシステムトレードを紹介していきたいと思います。システムトレードって良いかも?と思って頂ければ、数学やプログラミング等の少しハードルが高いものも興味を持って記事を読んでもらえるのではないかな?と考えています。

SNSでの反響やアクセス数見て、後悔する情報の内容やハードルは決めていきたいと思います。

ごり
サイト作成のモチベーションになるし、どの内容の記事をみんなが望んでるか分かるから、良いなと思ったら記事をシェアやイイネを押してくれると嬉しいナ

簡単!誰でも出来る分析方法

取引履歴を分析する方法を紹介します。そこから色々な事が読み取ることが出来ます。手書きが好きな人は手書き、ちょっとパソコンが得意な人はExcelを使うと良いです。ここではExcelを前提にお話します。

  • ノートに取引時間帯、曜日、結果の100件を書き込む
  • ■時間別の勝ち負けを分析してみよう
  • ■曜日別の勝ち負けを分析してみよう

FX勝利率アップ

ごり
これをフィルターと言うんだけど、年間を通して負けやすい曜日を調べてその日だけトレードを行わないだけでイキナリ年間で黒字トレーダーに変身する人がいるんだ。
きつね
月曜日の午前中は経験的に負けやすいから手を出していないな
ごり
Excelを上手に使えばプログラミングを使わなくてもシステムトレードは可能だよ
POINT!
プログラミンや専用ソフトを使わなくてもシステムトレードは出来る!小さなルールの積み重ねが勝てるトレードルールを作る

今システムトレードをおすすめしたい理由

この記事を読んでいる人の中には既にシステムトレードに挫折してしまった人がいるかもしれません。 しかし、このHPを公開したのには2つ理由があります。

トレード環境がよくなった
取引手数料が安くなり、インターネット回線などのトレード環境がとても良くなった
解析ツールが増えた
プログラミング知識がなくても、色々な解析ができるようになった。もちろんプログラミングを使用した解析方法も充実してきている!

その為、まったくトレードの初心者さんも、挫折してしまった人も再度システムトレードを見直して欲しいと思います。 挫折する人を一人でも減らしたい。そんな思いがHPにはあります。

きつね
結果が出るまでに学ぶ事が多いからね 〜。気長に付き合ってみるか。
ごり
私は2ヶ月くらいでシステムトレードで運良く最初の手法が編み出せたけどラッキーだったかも・・
POINT!
簡単に出来る方法で、普段の裁量トレードにシステムトレードをミックスして、システムトレードを学ぶ意欲をキープしよう

過去の手法が思わぬ金脈に?

スキャルピングの手法はまだまだブルーオーシャンな部分があります。 従来ならスプレッドが0.3銭以下のところは皆無だったし、約定するサーバーの環境もわるかったからです。10年前は指標の時に、レートが止まったりサーバーが落ちてしまうことも普通にありました。

最近では、安定したサーバーでスプレッドが小さいFXトレード会社がとても増えてきています。その為、以前では手が出しにくかったスキャルピングの手法で儲かる手法がまだまだ眠っています。日経225などの先物も取引手数料がここ数年でガクッとさがりました。

FX億トレーダー実績

ごり
FXや日経225などのシステムトレードはトレード環境が良くなったことで、ブルーオーシャン的な要素がまだまだあるんだ!

まとめ

ちょっと、 システムトレード良いかも ?と思ってもらえるようなHP作りを目指していきます。

システムトレードは、無限の可能性を秘めています。日々トレードを分析する癖が出来れば一人前のシステムトレーダーといえるでしょう。小さな分析の積み重ねが億トレーダーへの金脈へと繋がっています。このHPではExcelや手書きのノートを使った簡単な物からPythonで機械学習、Deep Learningをつかった人工知能を活用した超本格的なトレードを扱っていく予定です。

きつね
記事が参考になると思ったらシェアやイイネしてくれると嬉しいゾ!
ごり
作者のモチベーションと、どのコンテンツを作ったら良いかの指標になるからナ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする